HOME

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

仁義と利益

論語の冒頭は、
学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや。朋(とも)あり、遠方より来る、また楽しからずや
と、実に淡々と始まる。

これに比べると、『孟子』の冒頭は劇的である。
それは、梁の恵王という君主との謁見から始まる。

恵王は、孟子に尋ねる。
老先生は、遠方より我が国においでくだされた。きっと我が国の利益となることを教えてくださるのでしょう

ごく真っ当な問いかけである。

ところが、孟子は、こう応えるのである。
王よ、なぜ利益のことを問うのですか。大切なことは、ただ仁義だけです」、と。

ドラマの山場のような風景である。

私の仕事は、企業のコンサルタント、社員教育の講師である。
クライアントが私に望むことは、梁の恵王と同じである。
「何か利益につながること、何か役に立つことを教えてくれ」ということである。

ここで、孟子のように、
「大事なことは単に儲けるということではなく、正しいマネジメントをすることでしょう」
と言いたいが、言えば、仕事はこなくなるだろう。

つまり、私も仁義より利益を大事にしているということである。
こう考えると少し悲しくなる。

ただ、一国の政治と企業経営は、全く違うものであるという考え方もある。
つまり、企業経営においては、利潤の追求だけを考えれば良いというのである。

企業経営者の使命は株主利益の最大化であり、それ以外の社会的責任を引き受ける傾向が強まることほど、自由社会にとって危険なことはない。これは、自由社会の土台を根底から揺るがす現象であり、社会的責任は自由を破壊するものである。・・・一企業の一介の経営者に、何が社会の利益になるのかを決められるのだろうか。また、社会の利益に貢献するためなら、会社や株主はどの程度の負担を引き受けるべきだと言えるのだろうか
『資本主義と自由』(ミルトン・フリードマン著、日経BPクラシックスP249)

まさに、自由主義の考え方である。

フリードマンによれば、
企業が負うべき社会的責任は、公正かつ自由でオープンな競争を行うというルールを守り、資源を有効活用して利潤追求のための事業活動に専念する」(前掲書P248)
ということである。

私は、基本的には自由主義の理念を信じているので、フリードマンにこういう風に言われると、なるほど、それもそうだと、思ってしまう。

ただ、昨今、多くの企業が社会的責任ということを声高に叫んでいるが、それは、社会的責任が企業の使命であると考えてのことではないだろう。

社会的責任を果たしている企業というイメージを作り出すことによって、より利潤の追求をしていると理解した方が、正しいのではないだろうか。

こう考えると、社会的責任を果たすかどうかということは、それほど大きな問題ではない。
各企業が、それぞれの判断で、行うか行わないかを決めれば良いだけの話である。

問題は、企業経営の判断基準の中に、仁義や正義といったことが、織り込まれているかどうかではないだろうか。

現実の、社会に与える企業の影響力を考えた場合、企業がどういった存在であるのかは、大きな意味を持つからである。

フリードマンは、利潤を追求するに当たって、「公正かつ自由でオープンな競争」と述べている。
「自由でオープンな競争」の意味は、明白である。政府が口出しするなということである。

では、「公正」とは何をさしているのだろう。
言葉のニュアンスからして、仁義や正義に近しい何かではあろう。

「君子、財を愛す。これを取るに道あり」という言葉があるが、この道のようなものであろうか。

話を最初に戻すと、孟子の生きた時代は、今よりほぼ2500年前、中国の戦国時代である。

農業技術は進歩し、商工業は発達し、多くの都市が栄えた時代である。
斉の都である臨淄は、その人口50万以上という、当時、世界最大の都市であった。

つまりは、現代と良く似た時代であった。
その、各人、各国が利益を争い、それが当然とされた時に、孟子は「ただ仁義あるのみ」と述べたのである。

この孟子の言葉の現代的意義は、自分自身を振り返る意味でも、改めて問い直す必要があると、考えている。

屁理屈

言葉というものは恐ろしいものである。
発した方は、何げなくても、相手には大きな影響を及ぼすことがある。

小学校低学年の時である。
縦笛を習った。今は、リコーダーというのであろうか。

私は、今も昔も不器用である。
先生に、こう言われた。
「これほど下手な子は見たことがない」

その時以来、私にとって、劣等感を抱く最大のものは、音楽である。
私の青春には、深夜ラジオ番組やレコードの収集等、音楽に関する経験は、全くと言っていいほど存在しない。
孔子は、音楽というものを極めて尊重したから、私は、このことだけで洙泗の学派には入れないかもしれない。

小学校も高学年になったある時の話である。
教室の掃除を真面目にやらなかったことがある。

先生に叱られた。
そして、こう諭された。
「この教室が自分の家、部屋であれば綺麗にするだろう。自分のものと思わないから駄目なのだ」

納得できなかった。
私は、先生に言った。
「自分の部屋だったら、掃除しません。汚くても、誰にも迷惑をかけません」

返ってきたのは、「屁理屈を言うな」という一言であり、ついでに頭を引っ叩かれてしまった。

しかし、今でも、その時の先生の教えは納得できないでいる。
他よりも自分が大事であるという、エゴイスティックな匂いがした。
大事にすべきなのは、自分ではなく他人ではないのか。

なるほど確かに、人はエゴイスティックな存在かもしれない。
しかし、だからこそ、その本能的なものを、諭して導くのが教育というものではないだろうか。

子供時代、私は常に「屁理屈を言うな」と叱られ続けた。
その回数は、数えきれない。
しかし、屁理屈の方が正しい場合もあるのではないか。
世間の常識から離れた理屈を、世間の人は屁理屈と呼ぶのではないか。
ただ、この考え方自体が、世間からすれば、きっと屁理屈なのだろう。

神は乗り越えられる試練しか与えない

記事の題名の言葉は、いつ頃からか、よく聞くようになった言葉である。
素晴らしい名言だという人が多いようだが、私は好きになれない。

極めて傲慢な匂いがする。
「人に乗り越えられない試練は無いんだ、人間は何でも出来るんだ」

とんでもない話である。
「死生、命あり。富貴は天にあり」(論語 顔淵第十二)である。

この言葉の元は、新約聖書のパウロによる「コリント人への手紙第一 10-13」であろう。

そこには、
「神は信頼に値する方です。耐えられないような試練をあなたがたに遭わせるようなことはなさらず、むしろ、耐えることができるように、試練とともに抜け出る道をも用意してくださるのです」
と、書かれている。

これは、全く私の好き嫌いの問題ではあるが、私は新約聖書のパウロの文が、どうにも好きになれないのである。

しかし、パウロという人は凄い人で、、キリスト教がユダヤの狭い世界からオリエントやローマに広まったのは、このパウロの力である。

しかし、好きになれないものは仕方がない。
キリストの事績を述べた福音書には魅力を感じるが、パウロの書簡は生理的に受け付けないのである。

ここで、好き嫌いは脇において、聖書の文を読んでみると、パウロが言っていることは、神の大いなる愛の素晴らしさであろう。

つまり、キリスト教という枠組みの中で、神の愛を称える意味で、「神はのりこえられる試練しか与えない」と言うのであれば許されると、思う。

しかし、神を信じていない人間が、この言葉を使った場合は、傲慢以外の何物でもないだろう。
ここでの神は、ただの修辞である。

また、ある書物から一部分だけ抜き出して語ることは、不誠実でもある。
その証拠に、「コリント人への手紙第一」の、紹介した文章のすぐ前で、パウロは、こうも述べている。
「自分は大丈夫だと思う人は、倒れないように気を付けるがいい」、と。

とにかく、乗り越えられない試練はないなどといった世迷言を信じてはならない。
もし、神というものがいるなら、それは冒瀆である。

「したいことを何でも出来るのは神様だけ、人間は出来ることを一生懸命やるしかない」
これこそが、真実である。

愚の骨頂

自分の影を畏れ、足跡を嫌がって、これから離れようとした者がいた。

ところが、一生懸命足を持ち上げれば持ち上げるほど足跡は多くなり、どんなに早く走っても影は離れなかった。

その者は、これはまだ走り方が遅いのだと考えた。
そこで、さらにさらにと早く走り、ついには力尽きて死んでしまった。

陰にいれば影は消え、動かずに静かにしていれば足跡は残らないことを知らなかったのである。

これこそ、愚の骨頂ではないか。

『荘子』の寓話の一つである。
幸せを求めながら、かえって幸せを失っている現代の日本人に当てはまるような気がする。

出典 (明治書院)新釈漢文大系 『荘子 下』 777頁
雑篇 漁父第三十一
人有畏影惡迹、而去之走者。擧足愈數、而迹愈多、走愈疾、而影不離身。自以爲尚遲。疾走不休、絶力而死。不知處陰以休影、處靜以息迹。愚亦甚矣。

人、影を畏れ迹(あと)を惡(にく)みて、之を去(す)てて走る者あり。
足を擧ぐること愈(いよいよ)數(しばしば)にして、迹は愈(いよいよ)多く、走ること愈(いよいよ)疾くして、影は身を離れず。
自ら以爲(おも)へらく尚ほ遲しと。疾く走りて休(や)まず、力を絶ちて死す。
陰に處りて以て影を休め、靜に處りて以て迹を息(や)むるを知らず。
愚も亦甚だし。

ポケモンGO

東洋の古典以外のことも、少し書くことにしました。
カテゴリ名は、「郢書燕説(えいしょえんせつ)」としました。これは、『韓非子』にある言葉で、意味は「こじつけ」ということです。

ブームだから、批判する人はすぐ出てくると思っていたら、やはり出てきた。亡国だと嘆いているようであるが、たかが遊戯にそれほど目くじらを立てることもないだろう。

批判している人たちの多くは、批判した方が返って受けると思っているのだろう。もしくは、大勢に阿らない見識ある人と思われたいのであろう。
大体が、やってみることもなく批判している訳であるから、特に真剣に考えている訳ではない。

何時の時代も、こういった輩はいるものである。
テレビが世に出た時、一億総白痴になるといった言説もあった。テレビばかり観るようになると、自ら考えなくなるというのである。

自ら考えない人間は、テレビを観ようが観まいが、考えないのである。
ポケモンをやってダメになる人間は、ポケモンをやらなくてもダメになるであろう。

私はポケモンをやってみたが、すぐにやめた。善悪ではなく、あまり面白くなかったからである。遊戯は面白いか面白くないかが重要である。この意味で、私はポケモンには批判的である。

最近、なんでもかんでも倫理的な批判をすることがブームである。私は、このブームこそが一番恐ろしい。
最近の記事
プロフィール

西森憲司

Author:西森憲司
高知県生れ
通った学校
 奈良県榛原第一小学校
 兵庫県塚口小学校
 兵庫県宝塚小学校
 高知県昭和小学校
 高知県第六小学校
 高知県城西中学校
 高知学芸中学校
 高知学芸高等学校
 早稲田大学政経学部
千葉県在住
株式会社クエスト代表
仕事:マネジメントの研究と教育
    東洋思想の研究
    社員教育の企画・運営 
家族:妻と息子3人、迷い猫
趣味:ドラクエⅩ

月別アーカイブ
ブログランキング
リンク
カテゴリー
人気ブログランキング
ご訪問者数
メールはこちらから
ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
歴史関連書籍
アマゾンサーチ
お勧めリンク集